債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

何はともあれ、やはり最初に気になるのはデメリットだと思います。

 

覚えておいてほしいのは、債務整理の手続きを行うと、
金融機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)
に掲載されます。
(過払い請求で借金を完済している人は除く)


このブラックリストに掲載されると新たに借り入れやローンを受けることができなくなります。
これが債務整理を行った後の一番のデメリットでしょう。

 

生活面では今までローンを組めたのが組めなくなりますので
住宅や車などの大きな買い物はできません。
また、新しくクレジットカードを作ることもできないと思ってください。
これらの期間は手続きが終了してから約7年くらいです。

 

やっぱりデメリットがあるから債務整理はやめよう、と思った方。

 

ここでよく考えたほうが良いのは、
じゃあ、今あなたにお金を新たに貸してくれる業者はあるのか?
ということです。

 

おそらくこのページを読んでいる方はすでに借金返済に困っている状態であり、
また新たに施行された総量規制に適合してしまった方については、大幅に年収アップすることが無い限り、もう借り入れすることはできないはずです。

 

つまり、債務整理をしてもしなくても借り入れをすることができないのが現実です。
そして、借りることができなければ借金を返すこともできない、
こういった状態の人やまだ辛うじて借りることができる人でも 遅かれ早かれ困窮するのは
時間の問題かと思います。
放置した虫歯が自然に治らないのと一緒ですね。

 

もっと計画的なお金の使い方を学べば・・・
無駄遣いをしない・・・浪費癖を直す・・・ギャンブルをしない・・・など、
今更そんなことを言われてもお金が増えるわけではありません。

 

それならば、今の状態を抜け出すための知恵を付けるほうが賢明なので、
債務整理の手続きを行うことによって得られるメリットを把握してみてください。

NEXT