司法書士や弁護士の選べ方

何を基準にして専門家を選べばよいのか?

債務整理を行うにおいて専門家を選択する基準は、
『手数料』と『スピード』、そして『誠実さ』で選んでください。

 

『手数料』は、債務整理を行う際にどのくらいの費用がかかるか明確にしているのが必須です。
特に、過払い請求の場合
成功報酬を明記していなかったり30%を超えた設定をしているところはオススメしません。

 

一般的な目安は、
成功報酬は20%程度、1社当たりの手数料は3万円程度です。

 

『スピード』は、債務整理手続きの早さです。
過払い請求には10年間という時効がありますので、これは早いに越したことありません。

大体的に広告を出しお客さんが沢山集まった事務所の悪い例として、肝心の債務整理手続きが進まなくなってしまい、そこに依頼した人が1年以上も放置されてしまった例があります。

 

『誠実さ』は、法務に携わる人の本質とでもいえば良いのでしょうか。
やはり、困っている人を助けるための仕事だと思いますので、そのような気概をもった誠実な人(法律事務所)に依頼するのが一番です。

というのも、自分達のような本当にお金に困っている状態の人を食い物にし、自己の利益のことだけを優先している所もあるからです。

 

弁護士や司法書士も仕事である以上、費用をチャージしないと成り立ちません。
でも、最近では過剰に手数料をとりすぎて問題にもなっていますよね。

また、債務整理の手続きをシステム化しすぎてしまい、本来なら弁護士や司法書士などの有資格者が行うべき作業を、資格のないパートスタッフが代行しているところさえあります。


これではきちんとした債務整理手続きが完了するとは思えません。

ですから、専門家選びというのは実はとても大きなポイントになるのです。

よく広告を見るからや家から近いから、などの理由だけで決めるべきではありません。

 

では、どのようにして専門家を選べば良いのでしょうか?

NEXT